はり・灸の作用Function of acupuncture

acupuncture

029-893-2785

営業時間

平日 9:00~19:00
土曜 9:00~12:00
□ 完全予約制 □

定休日

日曜・祝祭日

新型コロナウィルス対策

院内の消毒・換気を徹底しています
通常通り診療中です
電話相談でも承ります

Home > はり・灸の作用

現代医学と東洋医学を組み合わせた
一人ひとりのためのはり・灸施術

当院では施術内容をお客様にしっかりとお伝えし、現代医学の観点に加え経絡や経穴などの東洋医学の概念も組み合わせた鍼灸施術を行っております。使用するはりは髪の毛と同程度の細さで痛みはほぼありません。また薬などは使用しないため副作用の心配もなく、はりはすべて使い捨てですので衛生面の心配もありません。

当院のはり・灸施術で期待される作用

【鎮痛作用】
身体を刺激させ鎮痛作用を持つモルヒネを脳から分泌させます。
【消炎作用】
白血球を増やし、免疫力を高めます。
【血流改善・疲労回復】
刺激を受けた身体は温度が上昇し、全身の血流がよくなります。血流がよくなることで疲労回復も期待できます。
【筋肉の緊張緩和】
筋肉が柔らかくなり、リラックスした状態になります。
【内臓器官の機能調整】
自律神経が整うことで、内臓器官の働きを正常な状態へと導きます。
【予防・健康維持】
定期的に施術を受けることで、予防・健康維持に役立ちます。

WHO(世界保健機構)において認められた適応可能な症状

【神経系】
神経痛・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・脳卒中後遺症など
【運動器系】
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・肩こり・五十肩・腱鞘炎・腰痛・むちうちなど
【循環器系】
高血圧低血圧症など
【呼吸器系】
喘息・風邪の予防など
【消化器系】
胃炎・消化不良・下痢・便秘など
【内分泌代謝系】
貧血など
【泌尿器系】
性機能障害など
【婦人科系】
更年期障害・生理痛・月経不順・冷え性・つわり・不妊症など
【耳鼻咽喉系】
耳鳴り・難聴など
【眼科系】
眼精疲労・近視など
【小児科系】
夜泣き・かんのむし・食欲不振・小児喘息・夜尿症など
【皮膚科】
ヘルペス・おできなど
【アレルギー】
気管支喘息・アレルギー性鼻炎など